藤井千秋は挿絵の仕事の合間に、紙粘土細工やアクセサリー・インテリアグッズなどハンドクラフトを行うのが趣味でした。ここでは、千秋の残したクラフト作品をご紹介するとともに、千秋の絵を用いた様々なクラフト作品を紹介していきます。

  • 紙粘土の人形たち

    藤井千秋が挿絵の仕事の合間に紙粘土で作って、水彩絵の具で色づけした人形たちです。ブランデーなどの瓶を土台にしています。

  • 人魚ひめ

    ウイスキーに腰かけた人魚ひめです。

  • 緑のドレスのお姫様

    緑を基調にして、流れるような髪の毛の表情を出しています。ドレスには面相筆で模様が描かれています。

  • 花の装飾瓶

    花と実のモチーフを飾っています。

  • 葡萄のろうそく立て

    千秋は葡萄のモチーフを好んで使っていました。

  • 青いキャップの少女

    特徴のある青い帽子をかぶった少女です。

  • バラのスタンド

    市販のライトスタンドに、手を加えると違うものになりました。紙粘土、ビーズ、テープなどでアンティークなスタンドを飾っています。

  • 葡萄とつたのスタンド

    紙粘土でスタンドを飾っています。

  • 蝶のスタンド

    ビーズ、レース、テープなどで装飾をしてみました。